05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930
--.--/--(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑
2011.11/20(Sun)

ワクチンについて考えてみる

だいぶ前に読んだ本です。

フレンドの遺言状―それでもあなたはワクチンを打ちますか?フレンドの遺言状―それでもあなたはワクチンを打ちますか?
(2005/06/01)
本村 伸子

商品詳細を見る


毎年ワクチンを打ち続けることって
本当にいぬの体に良いことなのか
考えさせられました。

ワクチンについて言及している本は
あまり無いのではないかな。

素晴らしい本だとは言いませんが、
少数派意見も大切だと私は思うのです。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ : E.コッカースパニエル - ジャンル : ペット

00:07  |  映画・本  |  TB(0)  |  CM(6)  |  EDIT  |  Top↑

この話題ツイッターで盛り上がった?
入りかたが今いちわからないからコメントで・・・
たぶん・・・賛否両論あるだろうけど自分のわんこが
パルボでありケンネルコフでありレプトであり、感染
経験があったら・・・リスクがあっても予防のワクチン
はすると思います。このテーマーで私もいつか記事
にしたい・・・と思っています。
天ママ | 2011.11.21(月) 23:47 | URL | コメント編集

●天ママさん♪

あれ?ツイで盛り上がっていたのですか?
ぜんぜん開いて無くって知らなかった・・・。

賛否両論ありなトピックとは分かっていたのですが
この本の筆者(獣医でもある)の方いわく
毎年混合ワクチンを打つ必要は無い
数年おきだったり、抗体価検査をして抗体価の落ちているものについてだけワクチンだけを打つという方法もある

などなど接種方法について言及されている感じです。
決して接種が不要という内容では無いです。

ただ本に書かれている通り、毎年接種するのもどうか?とか
種類の多すぎる混合ワクチン種を打つのはどうなの?
と思ったりするので抗体価検査を試してみようかな、と思っています。
信頼している獣医さんに聞いてみたら、確かにそういう方法も良いね、と前向きな回答をいただきました。
ただ混合ワクチンを打つだけよりもお金かかっちゃいますけどねー(泣)

記事にするには難しいテーマだと思い、中途半端な記事になってしまいました。
天ままの記事、楽しみに待っていますね!
kuumom | 2011.11.22(火) 12:53 | URL | コメント編集

こんばんは。
判断難ですね。
リスクが伴う事だけに個々でよくよく考えねば。
年齢、体質、その時の健康状態、に環境も考慮してね。

私も以前ネットで調べ回った事例です・・が
判断できず。
3年に一度で絶対大丈夫という判例が出れば
ワンコの負担減るのにね。

因みに
拓郎の先生は拓郎が11歳過ぎた時点で次の
ワクチンは3年後でいいって言われました。
それも、ちょっと淋しいですvv
拓ママ | 2011.11.22(火) 21:52 | URL | コメント編集

エリックパパは正直言ってワクチンがワンコにとっていいのか悪いのか?わかりません…

でも、kuumomさんのこの種の記事、kuumomさんのワンコに対する愛情が伝わってきますよ~!
エリックパパ | 2011.11.23(水) 05:35 | URL | コメント編集

●拓ママさん♪

こんばんは!

やはりひとくくりに○年に一度で大丈夫、とか
絶対毎年打たなければいけない、とか
決めることは難しいですよね。
だからこそ悩んでしまいますが
抗体が何年維持されるかって
それこそ個人差があるでしょうから
個々に判断していくしかないでしょうけれど
判断材料が無くて困ってしまいますよね。
できれば製薬会社側で抗体がいったい何年もつのか
追跡調査をして平均値を出してくれるといいのにって思います。

拓ちゃん次は3年後ですかー。
でもきっとシニアと呼ばれる年齢には
できるだけ負担をかけないほうが良いのですよね。
kuumom | 2011.11.24(木) 01:34 | URL | コメント編集

●エリックパパ♪

混合ワクチン、打ったほうが良いとは思いますが
成犬に対して毎年打つか数年ごとに打つか何種を打つか
そこらへんで凄く悩んでしまうのです。

人間には混合ワクチンを毎年打つなんてあり得ないからナゼわんこだけ(・・?
って単純に疑問だったのがこの本を読むきっかけでもありました。
ちなみに筆者は生食を推進されている獣医さんで、その点も読むきっかけになっています。

愛情かな?褒めてくださってありがとうございます^^
kuumom | 2011.11.24(木) 01:39 | URL | コメント編集

コメントを投稿する

URL
コメント
パスワード  編集・削除するのに必要
非公開  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

この記事のトラックバックURL

→http://kuumom.blog49.fc2.com/tb.php/231-cb2e55b9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。